知っておくと良い!お墓選び

お墓のリフォーム

住まいを移転したり補修・補強したりするのは別に珍しいことではありません。住まいの移転は「引っ越し」に相当しますし、補修・補強は「リフォーム」という、近年非常に関心の高いキーワードで説明することができるでしょう。
 では、「お墓」に関してはどうかと言いますと、もちろんお墓も移転や補修が行われることもそれほど珍しいことではありません。特に、お墓の移転のことを、「改葬」といいます。これはいろいろな理由で行われる移転なのですが、補修のほうに関しては、一般的には「古いお墓」に対して行われることになり、その意味では、住まいのリフォームよりは珍しいことなのかもしれません。

 

 ということで、ここでは「お墓の補修」についてお話したいと思います。
 近現代のお墓の場合、たいていは「石材」が用いられていますので、そう簡単に壊れてしまうということはありません。しかも、一般的な石材よりも、強度や硬度が高い石材が墓石に用いられるのです。もちろんだれかの悪質ないたずらや天災などに見舞われてしまった場合はその例外ということになりますが、基本的には、お墓を作って数年で補修する必要が生じるケースというのは、極めてまれであると言えるでしょう。

 

 しかし、長い歳月が経過すれば、お墓だって多少の傷みは当然出るようになります。何しろ、普通のお墓は屋外にあるわけですから、直射日光にさらされ、強い雨風にさらされているうちに、シミ、ひび割れ、ひずみなどが微妙に生じるようになります。そうばってくれば、当然お墓の補修が必要になるわけです。

お墓のメインテナンス

あの墓石の美しい光沢を見ていると、まさか墓石が長い年月の間に風化してしまうなどということは想像するのが難しいかもしれませんが、実際墓石は半永久的に維持できるという万能な素材を用いているわけではありません。ですから、当然年月や天災によって風化という自然現象を回避することができなくなるケースは多いです。

 

お墓のメインテナンスでもっとも頻繁に行われるのが、「目地の修復」です。ここでいう「目地」とは、石と石とで囲まれてできた空間とその付近の石材を指します。やはり目地が隙間となってしまう分、そこを中心に周辺はシミ、カビなどの被害に遭ってしまうことになるのは想像できると思います。

 

少し前までは、墓石の目地補修にもセメント系接着剤が用いられていましたが、その耐用年数はだいたい10年前後ということで、お墓全体の寿命に比べても非常に短くなっているため、どうしても頻繁に補修作業が必要になっていました。しかし、現在ではコンクリート系の接着剤が用いられるため、耐久性は飛躍的に増していると考えられます。また、コンクリート系接着剤の大きな特徴として、耐震性にすぐれていること、そして耐衝撃性にもすぐれていることが挙げられます。

 

目地などの風化は、あまり被害が大きくならないうちに食い止めておけば、補修作業も最小限にとどめることが可能になりますが、風化の始まりの段階で見て見ぬふりをしてしまうと、結局大がかりな補修が必要になってしまうことが多いです。

 

では、次はもっと大がかりなメンテナンスについて説明します。

お勧めサイト

通勤通学でもできる、スマートフォン英語学習
http://www.stellarmatch.com/

 

英語を勉強したいけど忙しいって方必見!
通学通勤でも英語を現況できる方法を教えてくれるサイトです。

 

 

まつ毛と目ヂカラ
http://www.bbreserve.com/

 

まつ毛を使って目ヂカラをUPさせる方法や注意する点などをまとめてくれているサイトです。
女性なら一度は見ておいて損はないと思います。